概要 皮膚の70%を占めるコラーゲンは、化粧品,,、食品、人工皮膚や培養表皮として使用される事も多く、高血圧抑制や胃潰瘍予防その他にも効果があるといわれています。狂牛病発生以降、動物以外を主原料とする精製の開発が急がれていますが、生産の効率化、低コスト化、品質保持などの多くの問題点があります。魚類由来のコラーゲンは人体の吸収性が高く、分子量3,000〜20,000で非凝固性です。狂牛病の心配も無く、今後の利用範囲の可能性は大きいと言えます。
効能
薬理効果
脳血栓予防

眼精疲労回復

抜け毛防止

疲労防止

肝臓・腎臓・膵臓の機能正常化

失禁症回復

骨粗しょう症予防

消化管粘膜保護作用、他


キトサンについて セリシンについて

Copyright (C) 2003 Seikatusya Corporation. All Rights Reserved